top of page

【がんの治療で起こる皮膚変化|その対処方法】

抗がん剤などによる乾燥や色素沈着、

放射線治療による皮膚炎など


がんの治療に伴い、皮膚変化が起きる事があります


使用する薬剤によって、副作用も違うため

自分に使う薬の傾向を知り、対策する事も可能です


皮膚症状は、これくらいならいいかと

後回しにされる方も多いかもしれません

しかし、さらなる皮膚症状の悪化予防のためには

受診と適切な塗り薬などが必要と思います


当たり前のようですが、基本のお手入れは清潔|保湿|保護

スキンケア方法は個人差が大きく

十分洗えていなかったり、保湿が足りない事も

医療者による確認と指導で、基本を見直す機会にしても良いかもしれません


ざ瘡様皮疹や手足症候群など、特別な皮膚症状が出る薬剤もあり、

我慢せず、かかりつけ医での専門治療が必要です



Commenti


bottom of page