top of page

【がん経験者の方へ|お昼寝習慣のすすめ】

■がんの治療による体力低下の要因は色々

■体力低下の疲労感の対策にお昼寝習慣のすすめ

■セラピストも実践|昼間に20分の仮眠

■お昼寝習慣により判断力|集中力の向上、疲労感改善にも

■お昼寝のポイントが5つ

時間は20分程度

座ったままで

光を遮る

なるべく静かな場所

眠る前にカフェイン摂取

■がんの治療後はお昼寝だけでは、疲労感が改善しにくい事も

■気持ちは焦るが、毎日小さくても

出来た事に目を向けてみるのがおススメです



Comments


bottom of page