top of page

【mellow的おススメハーブ3選】

ハーブ植え付けの時期になってきました。


どんな苗を植えたら良いか。

よくある質問です。


今回は、がんの治療後、体力がなくても育てられる。

手間いらずでフレッシュで使えるハーブを厳選しました。


①ペパーミント

たくさんの品種がありますが、まずは普通のペパーミントを。

ポイントは耐寒性と多年草。

翌年も収穫出来る上、積雪する鳥取でも屋外で冬越しできます。

問題は地下茎。

地植えするとどんどん広がるので、必ず鉢植え管理で。

フレッシュのハーブティーは食べ過ぎの時に。


②オレガノ

お料理に使用するハーブ。

こちらも耐寒性で多年草。

地下茎タイプなので、鉢植え管理がおススメ。

パセリやシソの感覚で、お料理のアクセントにぴったりです。


③レモンバーベナ

フレッシュハーブティーの香りの良さがおススメポイント。

香りが強いので、少量から試してみて下さい。

ポイントは半耐寒性。

鉢植えにして、積雪地では屋内管理にすると、翌年も楽しめます。


■フレッシュハーブティーの淹れ方

フレッシュハーブ軽く片手に乗る位1杯に、熱湯300mlを注いで3分ほど蒸らす。

ポイントは蓋をする事。


■まとめ

手間いらずのハーブ3選

どれも基本のハーブですが、摘みたてのハーブの香りはその時だけの特別なもの。

落ち込みがちな気持ちの回復。

食欲低下の時にも活用できそうです。

お試しくださいね。


がん経験者の方も楽しめるアロマとハーブの使い方。

少しづつご紹介していきますね。




Comments


bottom of page