top of page

がんの治療後のストレス|出来る事がありますか

がんの治療後に限らず

ストレスが多い毎日ですね


今回は、そんなストレスの考え方と対処方法をお伝えします


ストレスとは=外部刺激により体内に生じる反応の事

とだいたい定義されます


ストレスがある毎日のため

放置する方がほとんどかもしれません


しかし、ストレスによる体の変化は実は色々あるのです


そもそも、人は体内環境を保つシステムを持っています

ホメオスタシス=生体恒常性といわれ

●自律神経

●内分泌

●免疫

これらがバランスを取り合って

体調を維持してくれています


ところが、過度のストレスが続くと

このバランスが崩れる事が分かっています


実際に体内では、ストレスで交感神経優位になり、

ストレスホルモンであるコルチゾール分泌が起こります


ストレス症状は多岐にわたります

だるさ、冷え、頭痛、肩こり、動悸、めまい、不眠

風邪をひきやすい

アレルギー疾患になりやすい

気持ちが落ち込むなどです


おそらくストレスが全くない日々は難しいため

なるべく溜め込まずにその日のうちに解消出来たら良いですね


がんの治療後は、さらに免疫力、消化機能、筋力が落ちるため

消化の良い食事、ストレッチを加えるなどがおススメです


さらに、ストレス適応を高めるハーブとアロマとしては

●アダプトゲンハーブを摂取

・オタネニンジン(朝鮮人参)

・ホーリーバジル

●精油でホメオスタシス調整

・ベルガモット

・ラベンダー

・フランキンセンス

この辺りがおススメです


両方を上手に取り入れて

毎日のストレスをリセット出来るよう

アドバイスもさせて頂きますね



bottom of page