top of page

がんの治療後の便秘|出来る事がありますか

●便秘の定義:十分量かつ快適に排出出来ないのが便秘

排便は個人差が大きくスッキリ出るかがポイント

●便秘の症状は色々:膨満感、残便感、便が硬い、腹痛、食欲低下など

がんの治療後は早めの対処が必要です

●原因は色々で複合的な事が多い

食事や水分摂取が十分でない、がん治療の薬剤によるもの、治療後の大腸の狭窄など

●まずは下剤類で調整します

内服以外にも座薬や浣腸など

自分なりのスッキリ感を目指しましょう

●水分摂取は必要

がんの治療後食欲低下があると、水分摂取も少なくなりがち

少しづつ温かいものを飲むなどしてみるのがおススメです

●食物繊維は摂った方が良い時と良くない時がある

一般的に、便秘には食物繊維の摂取が勧められますが、

がんの治療後はそうではない事も

病気の状態や治療方法によって、制限があるため確認が必要です

特に消化管の手術後、腹腔内の手術後は食物繊維摂りすぎで腸閉塞になる事も

●その他、少し運動、便意を我慢しない、ストレスを溜めないなど気をつけても、

3日以上排便がなく腹痛や嘔吐がある時は受診が必要です

●年末年始で食習慣が乱れがちですね。ご注意下さい



Comments


bottom of page