top of page

がんの治療後も睡眠は大切

更新日:2023年10月15日

がんの治療を経験した方々の中には、治療の副作用などで、

睡眠に困難を感じる方も少なくありません。


睡眠の必要性

睡眠は人間の生活にとって必要不可欠なものであり、それは特にがんの治療を経験した方々にとって重要です。睡眠中には様々な身体の機能が働き、疲労回復、記憶の定着と整理、免疫力向上、美肌効果、体重増加予防などの効果があります。


睡眠と幸福度

イギリスで行われた幸福度の調査によると、十分な休息と睡眠を取る人たちは幸福度が高いという結果が出ています。これは、睡眠が心身や社会的な関係を良好に保つために最重要とも言えます。


どんな睡眠が良いのか

厚生労働省が示す睡眠の質の評価指標によると

・規則正しい睡眠で昼夜のメリハリがはっきりとしたリズム

・必要な睡眠時間がとれている

・日中に眠気や居眠りすることがない

・途中で覚醒することが少なく、朝は気持ちよくすっきりと目覚める

・目覚めてからスムーズに行動できる

・寝床に就いてから過度に時間をかけすぎずに入眠

・睡眠で熟眠感が得られる

・日中、過度の疲労感がなく満足度が得られるという条件が挙げられます。


しかし、睡眠の質の評価は個人差があり難しいため、これらの指標は参考の一つと考えてください。


良好な睡眠のためのポイント

良好な睡眠を得るためには、

・規則正しい生活

・少しの運動

・入眠の1時間前にお風呂に入る

・起床後の朝日を浴びる

・15分の昼寝

・室内環境を整える

・入眠時にアロマを使用することもおすすめです。


アロマの効果

吸い込んだ精油の香りは、気管から気管支を経て肺胞に到達します。

そして、肺胞を取り囲む毛細血管に吸収され、全身の血液循環に乗って各組織や臓器で作用します。

精油の効果を上手く活用することで、睡眠の満足度を向上させることができます。

では、どうすれば良いのか。


寝るときのアロマのすすめ

寝るときには枕元にアロマストーンで芳香浴を試してみてください。

鎮静作用のある精油を使用すると、入眠しやすくなります。

特に、ラベンダー、スイートオレンジ、スイートマジョラム、ベルガモットなどがおすすめです。

吸い込んだ精油は約5分で血液中に到達します。


まとめ

睡眠の必要性は人間の生活にとって大切なものであり、その質を改善するための方法は様々あります。

特にがん経験者の方々にとっては、十分な休息と睡眠が体力の回復や治療への対応力を高め、幸福度を上げることに繋がります。

アロマの使用はその一つの手段であり、精油の作用を上手に活用することで睡眠満足度を向上させることができます。


11月~アロマストーンと精油のセット販売を開始予定。

それぞれの心身の調子に合わせた精油をご提案いたします。

大切な方へのプレゼントにも喜んで頂けると思います。


Comentarios


bottom of page