top of page

がん経験者を減らす?

4月9日は子宮の日=子宮頸がん予防啓発の日です

2009年に子宮頸がんを考える市民の会が記念日登録しました


子宮頸がんは子宮の入口の部分=頸部に出来るがんです


日本では、子宮頸がんに年間1万人が罹患、年間2,900人が亡くなると言われています


比較的若い世代の20~30代で罹患する事もあり、妊娠/結婚などライフイベントと重なりやすく、

人生に大きな影響を与えます


子宮頸がんの原因の90%が、ヒトパピローマウイルス感染によるもの


そのため、10代からのHPVワクチン接種でがん罹患予防がほぼ可能となります

また、一部は予防出来ないと言われており、定期検診で早期発見につなげるのも必要です


海外では子宮頸がんの撲滅が視野に入ってきました

イギリスで2040年、オーストラリアでは2035年を撲滅目標に掲げています


ワクチン接種90%と検診率70%で実現可能と言われており

日本でも、がん治療でつらい思いをする方を減らすためにも

ワクチン接種と検診受診を考える機会にして頂けたらと思います




Comentarii


bottom of page