top of page

疲れる身体を何とかしたい

毎日クタクタ。

そんな方がほとんどでしょうか。

がんの治療後に限らず、毎日の工夫で疲労感を減らす事が出来るかもしれません。


とても基本的な事ですが、参考になさって下さいね。


●身体を温める

まず最初におすすめしたいのが、身体を温めることです。冷えを感じると筋肉が収縮し、血流が悪化します。これが疲労感を感じやすくする一因となります。毎日入浴をすること、冷えない服装を心掛けること、首、手首、足首の3つの首を温めることがポイントです。


●食事を摂り過ぎない

次に、食事についてです。一度にたくさん食べると消化器に負担がかかります。食後に急にだるくなる方は食べ過ぎかもしれません。まずは1食でも腹八分目を目指しましょう。


●甘いものを食べる時

甘いものは空腹時に食べると血糖値の乱高下で疲労感につながります。甘いものを食べる時は、血糖値の安定のために、食後2時間がおススメです。


●ビタミン摂取のススメ

ビタミンの摂取は疲労回復に役立ちます。ビタミン類を摂取すると代謝が上がり、疲労回復しやすくなるのです。基本的には食事で摂取し、不足分のみサプリメントでもOKです。


●タンパク質摂取のススメ

タンパク質もまた重要な要素です。タンパク質不足で疲労回復が遅くなります。肉、魚、大豆製品などをまんべんなく摂取し、不足する分だけプロテインで補うのが基本です。


●マッサージのススメ

硬くなった筋肉が緩むと疲労回復に役立ちます。軽いウォーキングがおススメです。疲れた日こそ、下肢のセルフマッサージで疲労感を持ち越さないようにしましょう。


さらに本格的な疲労感回復には、サロンで人の手を借りるのもおススメです。

あなたの体調管理に、ぜひ役立ててください。



Comments


bottom of page