top of page

風邪を予防する植物のちから

がんの治療後に風邪を引きやすくなる問題について、植物の力を活用した風邪予防のコツをお伝えします。 ●抗ウイルス作用のある精油 抗ウイルス作用精油を部屋に拡散し、ウイルスの拡散を防ぐことが可能です。

特にユーカリ、ティーツリー、ラベンダーなどの精油が効果的です。 ●免疫力を高めるハーブ エキナセアは免疫力を高め、抗菌/抗ウィルス作用があるハーブです。

毎日飲んでもOKで、濃く抽出してうがい薬としても使えます。 ●手洗いとうがいを習慣化 当たり前だけどコレが一番。手洗いとうがいを習慣化することは感染を予防するために重要です。

特に親指、爪周囲、シワ、利き手側の手は洗い残しが多いポイントとなります。 ●ストレスを軽減する ストレスがかかるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。

過剰分泌で免疫反応が低下し、風邪を引きやすかったり回復が遅れる傾向になります。

好きな香りでリラックスする事も免疫アップに役立ちます。 ●バランスの良い食事 ビタミンA、C、Eは免疫細胞の機能低下を防ぎます。

また、タンパク質は粘膜を生成し、シスチンというアミノ酸が免疫調整に役立ちます。

お肉入りの鍋が風邪予防に良さそうです。

毎日の生活を見直して、植物のちからも借りる。

そんな風にして、これからの風邪シーズンの感染対策にお役立て下さいね。



Comments


bottom of page